BLOG

ブログ

パラレルキャリアに資格は必要?資格なしでもできる簡単な職種は?

こんにちは!kiraです。

新しい働き方ということで、「パラレルキャリア」が今話題となっています。

パラレルキャリアを始めたいと考えているあなたも、始め方稼げる職種などいろいろリサーチしている最中ですよね。

調べている中でもあらゆるジャンルの職種があることはご存知だとは思いますが、いざその仕事を始めようとしたとき、資格はやっぱり必要なの?という点が気になってくると思います。

自分には資格も経験も何もないから、やっぱり無理かも・・・

せっかくパラレルキャリアを始めようと一念発起したのに、調べれば調べるほどやっぱり無理なんじゃないかとあきらめてしまう人もいるかもしれません。

実際、パラレルキャリアに資格は必要なのでしょうか?

今回は、そんな疑問や不安を抱いているあなたの悩みを解消して、あなたが迷わずパラレルキャリアを始められるようお伝えしていければと思います。

それでは本題に入っていきましょう!

パラレルキャリア:「手に職を持つ」=資格?

昔からよく「手に職を持て」と言われます。

手に職を持つというのは、

職業または職能を自分のものとすること。生計を立てるための仕事、あるいは、仕事に就くための技能や資格を、獲得すること。 (出典:実用日本語表現辞典)

というもの。

ひとくちに「手に職を持つ」といっても、それは「資格」を持つことだけを意味するのでしょうか。

意味合いとしては、「資格を持つ」ということだけでなく、「労力や技量を磨くことで手に入れるもの」というものも含まれているようです。

資格を持つことは、仕事をしていく上で数多くのメリットがあります。

資格を持つことのメリット✔ 信頼を得られる
✔ 待遇が好条件
✔ 職を失いにくい
✔ 人選の面で指標の一つとなる

例えば、企業の面接で同じくらいの学歴と人間性を持った2人が並んだ場合、それ以外どこを基準に選ぶのかという場合、「資格」がある人とない人とどちらを選択するか、ということですね。

資格を持つことは、自身のブランディングにもなりますし信頼的価値は大きいと言えます。

パラレルキャリア:資格を活かした複業

資格を活かした職種として人気の複業はどういったものがあるでしょうか。

・FP(ファイナンシャルプランナー)
・IT関係、プログラマー
・メンタルヘルスマネジメント
・アロマテラピー
・簿記
・WEB検定
・行政書士
・食生活アドバイザー

平日は会社員をしながら、土日だけこういった活動をしているという方もいるようです。

また、一つの資格のみならず資格取得者というのは複数の資格を所有したいと思う傾向があるようです。

まさに並行して活動することを意味するパラレルキャリアには、食生活アドバイザーをしながらメンタルヘルスマネジメントをこなし、アロマテラピーも行う、というようなことも可能なのです。

そもそも「資格を取る」ということは、今のライフスタイルにもうひとつ新たな勉強時間と労力を投入することになるので、人に言われてやるというモチベーションではなかなか成し遂げることは困難でしょう。

それを押してまで取得したい資格があるという強い決意と、自分の成長をしっかりとした形(成果)として残せるので、目標達成の指標にもなります。

パラレルキャリアに資格は必要?

ではパラレルキャリアに資格は必須でしょうか?

パラレルキャリアは生活のために我慢して始めるものでもなく、人に強制的にさせられるものでもなく自ら望んで始める活動ですので、「あなたがやりたいことである」というのが前提となりますよね。

パラレルキャリアの始め方という記事でもお伝えしたように、「副業」とは違い、収入を得るためだけに始めるものではないのがパラレルキャリアです。

ボランティア活動などの社会貢献も含まれますので、そういった活動には特に資格は必要ありません。誰でも始められますし、年齢も問われません。

ただ、あなたがやりたいことが仮に「資格」がなくては始められない、という場合は「資格は必要」と言えるでしょう。

例えば、あなたがタクシードライバーや観光バスの運転手のように、旅客業務の仕事を始めたいと考えた時に、普通免許だけではドライバーにはなれません。

2種免許が必要になってきますね。

そのような「免許」や「資格」がないとそもそもその業務に就けないという場合は「資格」は必須になります。

それに対して、あなたがアロマテラピーを始めたいと考えた時資格は必要か。

答えは「資格は不要」です。

ネイリストアロマテラピーも、それぞれ民間資格は設けられていますが、その業務に就くために絶対に必要な資格というものではありません。

実際、資格よりも技術優位な面を問われる仕事は、いかにお客様のご要望に応えられるかが価値となりますので、必ずしも「資格」が必要とは言えないのです。

ですので、このような場合は「資格は必要なし」とも言えますね。

ひとつ付け加えるとするならば、資格がなくても始められる業種でも、お客様がお店に来店したときに、片方は「資格取得」の賞状が正面に飾ってあり、もう一つの店は何もなし。

そのとき、あなたならどちらを選びますか?ということですね。

「信頼」や「信用」を得るという意味では、資格は大いに活用できますし、ないよりはあった方がいいと言えるでしょう。

資格がなくてもパラレルキャリアはできる?

日本は終身雇用制度が根強くあり、良い会社に入って定年までひとつの会社に身を捧げるというような考え方が一般的でした。

でも、現在は働く環境も大きく変化してきています。大企業に就職したからといって定年まで安泰ということも危うくなってきているのです。

そうした時代の流れにともなって、一時期は「資格マニア」と呼ばれるほど、ただひたすら資格を取ることだけに躍起となり、とにかく資格を取ることがスキルのように扱われている時もありました。

とにかく手に職をもたなくては仕事にあぶれるという危機感から、会社を休んで資格試験を受けにいく人も・・・。

資格マニア
とりあえず資格をたくさん持って、その中からやりたいことを見つけよう。!

現在は、そんな時代とは考え方が変化していきています。
危機感から資格を取るのではなく、自己実現のために資格が必要という思考にシフトしてきているんですね。

✔ やりたいことは何か
✔ 好きなことは何か
✔ そこに資格は必要か
✔ 必要なら取得しよう!

パラキャリ女子
 私は医療系の仕事を始めてみたいなぁ。
医療事務の勉強をしてみよう!

さきほどもお伝えしたように、あなたがパラレルキャリアでどんな職種を始めたいかによって、資格は必要にもなったり必要ではなくなったりもするということでした。

ですので、資格がなくてもパラレルキャリアはできるのです。

もしも、あなたがこれまでに資格や経験がないから何も私にはできないとあきらめていたとしたら、これからためらうことなく、あなたがやってみたいことや好きなことから始めてみてはいかがでしょうか。

資格なしでもできる簡単な職種は?

資格がなくてもできる職種はどんなものがあるでしょうか。

営業職
販売職
✔ 事務職
製造業
ネットビジネス

以上にあげた職種は、特に国家資格や民間資格を持ってなくても始められるものです。

それぞれ特性やメリットもありますので、あなたがパラレルワークを始めるときに、自分に合っているか、かんたんに始められるかなどの参考にしてもらえればと思います。

◆◇営業職◇◆

営業の仕事というのは、強いていうなら「向き・不向き」があるのは確かです。
サラリーマンの代表格とも言える職種ですね。

やればやっただけの評価を得られるので、やりがいを感じられる職種だと思います。
人と話す仕事ですので、対人恐怖症やコニュニケーション障害の方が営業の仕事は選ばないでしょう。メンタルがポジティブな人や、人と話すことが好きであったり、話を聞くのが上手と言われる人は向いていると言えます。

営業職のメリット✓ 自分の成果が評価される
✓ 対人関係を鍛えられる
✓ 一般常識や社会性が身に付く
✓ 達成感を得られる

◆◇販売職◇◆

販売職はサービス業の王道です。イメージとしては「笑顔」ですね(笑)直接お客様と接することが多く、押し付けがましくならないようにうまく話を進めて行ける人は天職です。アパレル関係やカフェなどの飲食店、店頭販売なども販売職の真価が問われますね。

接客が得意な方や人見知りをしない方、人の顔や名前を覚えるのが得意な方も販売職に向いていると言えます。

販売職のメリット✓ 直接お客様からお礼を言ってもらえる
✓ 現場勝負なので臨機応変に振る舞えるようになる
✓ 笑顔が自然にできる
✓ 人脈が広がる
✓ お得意様やお気に入りの人が見つかる

◆◇事務職◇◆

事務職はオフィスや学校、医療の現場などでもなくてはならない職種です。一般事務、医療事務、会計事務など事務の中でも様々なジャンルにわたっています。
ほとんどがPC作業となってきた昨今では、資格はなくてもある程度PC操作ができたり、電話対応なども必須となりますので、マナーや一般常識なども必要になってきます。

あまり体力を使うのが苦手な方や座り作業が望ましい方、電話などの応対が苦痛ではない方などは事務職に向いているでしょう。

事務職のメリット✓ 一生の仕事にできる
✓ 体力がなくてもできる
✓ 定時退社のため他の活動もできる
✓ PCスキルがアップする
✓ 土日も休み

◆◇製造業◇◆

製造業はよく「きつい、きたない、くさい」の3Kと言われていましたが、製造業なくして生活は成り立たないというほど貴重な職種です。時間もしっかり管理された中での作業ですので、休憩時間や休日も決められたように取れることは製造業の強みではないでしょうか。

ものづくりが好きであったり、じっとしているより体を動かすことが好きな方、スーツを着るより楽な格好でいたい方には向いているでしょう。

製造業のメリット✓ 国民の休日は休みが多い
✓ ものづくりの達成感を味わえる
✓ 休憩時間がしっかり取れる
✓ コミュニケーションが苦手でも務まる
✓ 高卒・未経験でも正社員になれる

◆◇ネットビジネス◇◆

ネットビジネスは、進化するスピードの速さが凄まじいです。直感で動く行動力のある方や、新しいことが好きな好奇心旺盛な方は向いているかもしれません。
「素直に即行動!」これが肝心だということですね。

ネットビジネスは特にメリットも多く、会社勤めに疑問を感じていたり、満員電車に毎日揺られて仕事に行くのがツライ・・・

そんな方にも最適と言ってもいいかもしれません。ネットビジネスの可能性は無限大です。
これまでのライフスタイルと世界観を大きく変えてみたい!という人はチャレンジする価値ありです。

ネットビジネスのメリット
✓ 時間や場所に縛られない
✓ 収入の単価が高い
✓ 収入に上限がない
✓ 学歴も関係なし
✓ 思考回路(マインド)が変わる

☞ネットビジネスについて詳しく知りたい方や興味がある方は、下記のフォームよりお問い合わせください。

僕のメルマガでも、経験者の声や動画などを通して初心者にも分かりやすく解説しておりますので、お気軽に登録してみてくださいね!

最後に

パラレルキャリアに資格は必要なのか?また、資格なしでもできる職種は何?ということでお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

働き方の変化にともなって、これまでの意識と変わってきた部分も出てきたり、パラレルキャリアという新たな働き方で可能性もかなり広がったのではないでしょうか。

資格がなくても始められる仕事は数多くありましたが、あなたに何が合っているのか、どんな職種ならやりがいを持ってやっていけるかを再認識できたかと思います。

どんな仕事も楽に稼げるものはなく、実直にコツコツと積み重ねてこそ経験(キャリア)となります。

一度積み上げたキャリアは、あなたのスキルとなりますので、自信を持ってそれを「強み」とし、未来のなりたい自分に向かってイキイキと進んで行けたら最高ですよね!

そのためにも、とりあえず「資格」を取っておこうというのではなく、まずはあなたが「何をやりたいか」「楽しく生きがいを持てるものは何か」から棚卸しして、最初の一歩を踏み出すことが大切です。

今後あなたがあなたらしい人生を歩まれることを応援したいと思います。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

【未経験者・初心者向き】12000人以上が購読しているWEBビジネスをゼロから学ぶメルマガ

・働く時間も場所も自由なノマドワークの始め方!
・副業で月収入を5万〜10万プラスさせたい!
・育児のために在宅ワークをしたい!
・ブログビジネスで時間と場所に縛られない働き方をしたい!
・社会人3〜5年目、30歳手前で将来のビジョンを考えたい!
・全くアイデアがないけど「起業してみたい!」という!
・とにかく自分でビジネスができる初心者向けの方法が知りたい!





※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。


※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。