BLOG

ブログ

どうして自分だけうまくいかないの?人生・恋愛・仕事の不幸から脱出するたった1つの考え方

仕事・恋愛・人生において「どうして自分だけうまくいかないの…」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

普通じゃ考えられないようなショックな出来事が起こったり、狙ったかのようにこのタイミングでこんな不幸が…など、どうして自分だけと何度も自問自答してしまうような経験はあると思います。

今回は、もしも「どうして自分だけうまくいかないの?」と常日頃から考えている方に向けて、人生・恋愛・仕事の不幸から脱出するたった1つの考え方をお伝えして行こうと思います。

☝️どうして自分だけうまくいかないの?→そもそも自分だけってどれを基準にしてるの?

「どうして自分だけ…」とつい考えてしまうとき、何と比べて、どの基準で、「どうして自分だけ」としているかに問題はあります。

例えば、クラスに30名いたとして、とんでもない不幸に遭遇した時に30名のうちその不幸を味わったのは私だけ、他の29名は何でもない場合、「どうして自分だけこんな目に…」となる方が多いです。

人間は、心理的に1つの集団の中で優劣を決めたがる生き物ですから、特定の集団の中で「自分だけ不幸な立場」とわかった時には強烈なコンプレックスを抱いてしまいます。

「どうして自分だけうまくいかないの」

「どうして自分だけ達成できないの」

「どうして自分だけできないの」

こういった感情を抱いたことはその対象が大きいものでなくてもあるのではないでしょうか?

ですが、ちょっと考えて欲しいのです。

あなたが考える世界とは「たった30名のクラス」なのでしょうか?

否、そんなはずはないですよね。全世界の人口は2018年の時点で約76億人、日本では約1億2000万人もいるのです。その中で、自分だけというのはほぼありえないことなのです。

自分の周りの人間なんて大した数ではありません。見るべきは、そこではないのです。

☝️どうして自分だけうまくいかないの?→みんな一緒の方がありえない

どうして自分だけうまくいかないの?→何で自分だけいつも不幸なのと考える場合、今のこの瞬間で、自分と同じ境遇の人がたくさんいたらそれこそおかしくないでしょうか?

例えば、就職活動で10社連続面接に落ちたとします。このような経験をお持ちの方はは「どうして自分だけうまくいかないの?」と思わずセルフトークしてしまいますよね。

ちょっと考えてみてください。

あなたの周り全員が自分と同じ境遇だったらそれこそ怖くありませんか?

稀有な体験、経験、状況になるに連れて、同じ境遇の人は少なくなって行きますが、それでも、全世界を見れば自分だけではなく、どこかで自分と同じような状態にいる人は必ず存在します。

このように考える方がよりポジティブだし、「稀な経験をさせてもらってる」→「これはもしかしたら私の人生のストーリーになるかもしれない!」このように考えられたら100点満点です。

☝️どうして自分だけこんなうまくいかない体験ができるのだろうと開き直る大切さ

ビジネスをやっていれば、うまくいかないことの方が圧倒的に多いです。

この仕事をしていると実績や経歴にフォーカスされ、賞賛されることが多いですが、この表に出ているのはたった1%でしかなく、残りの99%は日の目を浴びることなく、沈んでいっています。

つまり100トライして、99個のうまくいかない事の上に1個の正解が成り立つ感じです。

また、うまくいかないことを体験できるからこそ、うまく行くのであって、いつもうまく行っている人が運もありますが、「うまくいかない事を誰よりも多く経験してきた人」です。

勝手にいつもうまく行っているように見えるだけで、見えない99%部分はうまく行っていないのです。

だから、「どうして自分だけうまくいかないの?」とセルフトークする理由は何一つなく、「うまくいくための試練」だと捉えることで目の前の景色がグッと広がって行きます。

言うなれば、都会のビル群の中にひっそりと立つマンションからの眺めではなく、広大な海が見渡せるオーシャンビューのリゾートホテルくらいの違いになります。

ビジネスにおいても恋愛においても人生においても、後者で考えられる人が成功して行きます。

☝️「どうして自分だけうまくいかないの?」|リアルに聞いた体験談まとめ

40代女性26歳で付き合ってた4つ上の彼氏との間に子供が出来たが、出来れば産まないで欲しいと言われました。しかし、考え直したようで結婚する事になりましたが切迫流産で入院になりました。退院直後に籍を入れましたが胎内の子供に障害がある可能性があると医師から言われました。

義母からは、障害がある子が産まれると親戚中に迷惑が掛かると言われ、実母からも私も手伝う事が出来ないと言われました。その後流産してしまいました。
その後、産まれた長男は発達障害があり、長女は適応障害があり、重度の食物アレルギーがあります。病院と療育でかなり大変な幼少期でした。そして、子供に理解が全くなく離婚になりました。

その後、ご縁があり再婚することが出来ました。再婚後、すぐ妊娠する事が出来ましたが、また流産してしまいました。

その後、次女が無事に産まれました。その後、また妊娠しましたが、また流産してしまいました。そして、次女も2歳半過ぎましたが、言葉がほとんど話す事が出来ません。
その事に対して、実の母からあなたは何度妊娠してもまともに子供が育たないし、まともな子が産まれないと言われています。

私の実の妹にも3人の子供がいますが、妊娠経過も順調で子供も全く問題がなく、同じ母から産まれたのに、なんで私ばかりと思います。
子供はとても可愛いし、大事ですがどうして流産ばかりするし、産まれても手がかかる子供ばかりなんだろうと思います。

40代女性不幸はまとめてやってきがちなものなのか?時期的に連鎖するものなか?と思うくらい、不幸って…重なります。
私が、どうして自分だけうまくいかないの?と感じたのは、離婚を経験し、心機一転、第2の人生を頑張ろうとしていたときに雪崩のようにやってきました。離婚によって、かなり心身共にダメージを受けましたが、仕事も持っていたため、生活面では困ることもなく、周りにも支えられて過ごしていましたが、離婚して半年後、勤めていた会社が倒産しました。独り身で失業とは…と、思いながらも、失業保険もすぐに入り、まだ貯金もあったので、生活が困窮することはありませんでしたが、寂しさから懲りもせずに、変な男に引っ掛かり…男なんてもういらない!つくづく自分のダメさを痛感し、病みそうになっていると、今度は、急性膵炎になり、救急車で運ばれ、1ヶ月半の入院生活。体調を元に戻すべく、療養しながらも、就職活動をしていました。体調不良もあり、すんなり決まる訳もなく、私が何をしたの?何で私だけ?と本当に、心まで病気になりそうでした。しかし、働かなくては生活が出来ないと、気持ちを切り替え、就活を頑張り、何とか就職も決まり、やっと落ち着きました。不幸は不幸を呼び寄せる法則があるのかもしれません。不幸をはねのけるだけの強さは、やはり気持ちから来るのかも…しれません。

30代女性私には、人と会話する上で苦手な話題があります。それは、好きな異性の話。小学生の頃からなぜか友だちの好きな人に好かれることが多く、別にすごくモテるわけではないのに学生の頃、告白された相手は全て友だちの好きな人でした。

それで友人関係が悪化したことはありませんが、友人の思いがなければ付き合っていたような人もいました。好きな人が被り、友人に打ち明けられない中、告白されたことも。ですが、全て断ってきました。

私自身、好きな人へ積極的にアピールできるタイプの性格ではないので、告白も出来ず、想われていても断り、恋愛経験が年齢に全く伴っていません。オトナになり、合コンの誘いは幾度とありましたが気に入った人が他と被るんじゃないか?友人が気になる人にアピールされたら面倒だと参加する気にはなれず、経験がありません。挙げ句の果て、30歳も超えて結婚してないとなるといくら未婚者が多い今の時代でも人の見方が違うことはヒシヒシと感じてしまいます。

一人が好きなわけでもなく、子供も嫌いではありませんが出会い方、恋の始め方すら最近では遠のいてしまい貧乏くじを引いてしまったような気分でいます。諦めれば良いのか、それでも求めた方がいいのかわからなくなっています。

30代男性私が小さい頃のお話です。私は昔から泳ぐ事がほとんどできません。小学生の低学年の頃は泳げなくても、顔を水に浸けたり、自由にプールで遊ぶ事がメインでそれほど意識はしていませんでした。しかし高学年になると、クロールやバタフライ等といった泳ぎ方で長い距離を泳ぐ授業が増えるにつれてプールの授業を受ける事が減って行きました。

何度練習しても手と足が不自然な動きになり全く泳げない私を尻目にクラスの子達はどんどん上手くなっていきました。夏休みにも学校へ練習しに行ったりもしていましたが全く上手くなれませんでした。なんで皆はスイスイ泳げるのに自分は全く上手くならないんだろうと考えてるうちに中学校へ上がりました。

もちろん中学校でもプールの授業があり、中1の最初のプールの授業を1、2回入ったのを最後にプールには何かと理由をつけて休むようになりました。

結局中学校生活3年間でプールに入ったのは最初の時だけで終わり卒業しました。
高校に進学した後も同じようにプール授業を休み、プール以外で何とか赤点を取らないように頑張りました。大人になった今も平泳ぎぐらいしかできないので、もう少しプールの授業も頑張っていれば泳げるようになったのかと思います。

40代女性20歳から付き合い始めた彼氏と、5年間付き合って婚約までしたのですが、結局別れてしまったことについてお話します。昔あったダンスパーティーというので知り合った大学生の彼と順調に付き合っていて、彼が卒業する前に婚約しました。

私は九州で先に就職していたのですが、彼が就職する時期になり、その就職先が広島県になってしまったのです。

それまで本当に順調に付き合ってたし、遠距離恋愛になるのもそれ程は心配していませんでした。
その頃の私は、そのことよりも仕事が面白くなっていました。彼が初めての仕事や初めての場所で不安なことなど全然気付いてあげられなかったのです。

彼は、会社の寮に入り、そこは部外者が入れなかったので、1月に1度くらい彼が九州に通ってくるという付き合いが続きました。今から考えると、広島から5時間運転して来て、1泊してまた5時間運転して帰るのって大変だったと思います。

そのうち、彼が今週は帰れないということが多くなり、その時は私がホテルをとって通ったりもしましたが、ある日彼が同じ会社の女性と2股かけていることが判明しました。どちらと続けて付き合うのか彼が決めきれなかったので、仕事を辞めて私が広島で生活することにしました。

1年経った時に、彼女と私とどっちにするのか聞いた時に、決めきれなかった彼をみきって、私は再び九州に帰りました。彼が就職した時に広島に行く決心をしていればと今でも思うし、今でもその人以上に好きになった人は現れていません。

30代女性32歳で結婚しました。晩婚なのもわかっていますが、同じ時期に結婚していった友達は当たり前のように妊娠して出産する中で取り残されていく焦りと不安で悩む毎日です。しかも、卵巣の病気になってしまって妊娠を希望するなら手術は必要不可欠だと言われて人生で初めての手術を受けました。

これでやっと私も妊娠できるかなと思っていたところで、術後6ヶ月で再発してしまいました。医師からは手術を繰り返すと卵巣へのダメージも多くなるからできるだけ早く妊娠を目指しましょうって言われました。

妊娠できたら病院だって通院していないし、妊娠できないから病院に通っているんだよって、心が苦しくなって生きていくのも辛くなってしまいました。どうして自分んだろう、どうして自分だけなんだろうって思ってしまいます。

みんなが当たり前に手にしている妊娠も出産も子育ても、私には望めないことなのかなって諦め半分な気持ちにもなってしまいます。子持ちの友達と会うのも妊娠や出産の報告を聞くのも辛いです。乗り越えられない試練は与えられないとか言いますが、先の見えなさすぎてどこまで頑張ればいいのかわかりません。それでも、まだ子供を諦めることができません。このままもっと性格の悪い人間になっていきそうで怖いです。

40代女性私の人生史上最悪の「どうして自分だけこうも不運なのか」と思ったのは、がん検診にひかかってしまい「乳癌」だと告知されたことです。健診センターは病院に併設されていたのでそこで外科的検査をして、腫瘍は「悪性」と判断されました。

告知してすぐに、ショックで落ち込んでいるのに、まだ取り切れてないのでもう一度手術させてくれと言う病院の対応に違和感。セカンドオピニオンも考えましたが、いろいろネットや本を片っ端からあさって調べてみると「同時再建」という言葉が目が留まり早速、この病院の受診日に先生へ相談がてら話すと面倒くさそうにあしらわれてしまいましたがやっている病院は近辺に1件あるのでそこへ紹介状を書いて下さいました。

病院がかわると先生もかわり、こうも対応が違うのかと驚いてしまいました。担当の専門医が納得するまで説明して下さり、自分が一番望んでいた術式を提案して下さり、初期段階だったので乳房も失わずに済みました。

もし、あのまま、あの病院だったら、温存して放射線治療は自分は、望んでいなかったので全摘を希望していましたので再建の話はありませんでした。

それを考えるとあの時、あのまま悲しみに打ちひしがれて自分でアクション(行動)を起こしていなかったら、取り返しのつかないことになっていたと思います。「どうして、自分だけうまくいかないか」と悲観的になる前に、何か自分で行動を起こせば何か解決の糸口がみつかるはずです。人生を前向きにいい方向へ舵をとるのは自分次第です。方向転換させて運を上げましょう

30代女性結婚してから、すぐに子作りをスタートして早1年。全く子どもが出来ず、悩んでいます。今までは、結婚して子作りスタートしたらすぐ出来ると思っていました。それなのに、私よりもあとに結婚した友達の方が子どもが出来たりしています。

私は子どもが大好きで保育士をしているので、本当に子どもが欲しいです。それなのに出来ず、なんで私だけ…と悶々としています。

あとから結婚した友達は子どもがあまり好きじゃないのに出来ちゃってどうしようなどとおめでた報告と共に言ってくるのですが、そんなこと言うなら作らなきゃいいのに!!と思ってしまい、心から祝福出来ない自分にもイライラします。

昔から、子どもを強く望む家には来ないけど、そう思っていない家庭程子だくさんになると聞いていましたが、まさか自分が当てはまるなんて思っていませんでした。

こんなに子どもが欲しいのに、自然に任せることしか出来ないため焦っても仕方ないと言われますが、どうして??と追い詰めてしまいます。その追い詰める感じもストレスになり体に悪いと思うのですが、無意識に考えてしまい悪循環です。
誰も責められないので、どうすることも出来ないので、さらに落ち込んでしまいます。

40代女性私の人生において、どうして上手くいかないの。と一番に思ったのは、産み分けです。

私は、親のエゴだと言われても仕方ないことだと思ってはいます。子供を授かれない人を思うと、贅沢な悩みだとも思います。最初は、産み分けのことを何も考えず、男の子を授かりました。

男の子が生まれたのなら、次は、女の子が欲しいと思い、産み分けの本を購入し、産み分けのことを調べ、勉強しましたが、2人目も男の子が生まれました。もちろん男の子でも、我が子は可愛いし、大好きです。
長男と次男は5つ離れています。

次男の子育てに余裕が少し出てきた頃、どうしても女の子が欲しい。と思いが捨てきれず、産婦人科で産み分けをしているという病院があることを知り、旦那さんと話し合って、産み分けを行なっている産婦人科へ相談へ行きました。

先生の話しを聞いて、パーコール法による人工授精を試みました。
パーコール法による人工授精は、妊娠する確率も10%未満だと聞いていた中、私は一回の人工授精で妊娠しました。

妊娠できたことに驚きつつ、女の子かな?男の子だったら、どうしよう。と不安でした。それから、健診のたびに、ドキドキしながら、先生が性別は聞きますか?と言われたので、はい。と答えた結果、先生はニコニコしながら、男の子ですよ。と言われ、ショックのあまり、出た言葉が、あぁ、そうですか。と苦笑いしました。

家に帰りつき、お腹の子に悪いと思いながら、号泣してしまいました。
そんな三男も、今ではもう4歳です。もちろん可愛いくて大好きですが、女の子を連れてる、お母さんを見ては羨ましくて仕方ありません。私も、40歳。諦めなきゃいけない。と思いながら、未だに新生児のベビー用品を処分できずにいます。

30代女性いつもどうして自分だけうまくいかないのか…と悩んだ経験よくあります。

特に人と比べて仕事ができない時にそう感じます。仕事は接客業でした。笑っているつもりでも笑えていないようです。
もともと口角が下がっているので気をつけてはいるのですが常に上司に注意をされていました。

そして目がきついと言われます。これはどうしようもありません。
生まれつきなんですもの。でも反論できずに「すいません」としか言えません。お客様にも「早くしてくれない?」と言われると焦ってもっともたついてしまいます。

自分でも情けなく感じました。でも接客業が好きで、人とかかわるとが好きです。
自分には合っていないのかな…と情けなくなる毎日でした。周りの同僚は上司からも可愛がられ、お客様とのコミュニケーションもうまくいきます。

自分だけが取り残されているような感じがして、いつも夜ベットに入ってそのことばかり考えていました。
整形すれば何か変わるかな?なんて考えたこともあります。周りと比べるからダメなんだと思うようにしましたが、やはり周りが気になってしまいます。そんな自分が嫌でした。どうして小さいころから自分だけがいつもうまくいかないんだろう、そう考えて生きてきました。

さいごに

今回は、どうして自分だけうまくいかないの?人生・恋愛・仕事の不幸から脱出するたった1つの考え方ということでお伝えしてきましたが、どうして自分だけという受け入れ方自体を変えれば、その先の考え方も必ず変わってきます。

そもそも、「どうして自分だけうまくいかないの」って、「72億人の人生を知っているんですか?」ということなのです。

「どうして自分だけ」は、自分が勝手に「全世界で自分だけ不幸だ」と決めつけているだけで、考え方次第でどうにでもなることなのです。

ですから、どうして自分だけと思わずに、私以外のもこんなことで悩んでいる人っているんだよな!頑張って行こう!とプラスの言葉を自分にプレゼントしてあげてください。

今回は以上になります。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

【未経験者・初心者向き】12000人以上が購読しているWEBビジネスをゼロから学ぶメルマガ

・働く時間も場所も自由なノマドワークの始め方!
・副業で月収入を5万〜10万プラスさせたい!
・育児のために在宅ワークをしたい!
・ブログビジネスで時間と場所に縛られない働き方をしたい!
・社会人3〜5年目、30歳手前で将来のビジョンを考えたい!
・全くアイデアがないけど「起業してみたい!」という!
・とにかく自分でビジネスができる初心者向けの方法が知りたい!





※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。


※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。