BLOG

ブログ

こんにちは!Kiraです。

数年前から、オンラインサロン(コミュニティ)が急激に流行り出して、芸能人、著名人から無名の個人まであらゆる分野で情報発信ビジネスをスタートしていますよね。

大手だとDMMのオンラインサロンは圧倒的なシェア率を誇っていますし、ホリエモンさんや中田敦彦さんなどの芸能人もYouTubeなどで情報発信し、オンラインサロンビジネスに繋げています。

今回は、情報発信ビジネスのコミュニティやオンラインサロンに参加した事がなく、雰囲気や内容、どんな活動をしているのか詳しく知りたい方に向けて、5年間で7つのコミュニティを運営し、30個以上の企画に参加してきた僕が「情報発信コミュニティの選び方」をお教えします!

☝️情報発信ビジネスコミュニティに参加する際に初心者が絶対に見るべき3つのポイント

次に、情報発信ビジネスコミュニティの選び方や初心者が参加する前に見るべきポイントをお伝えして行きます。

その1:主催者は顔出しして情報発信しているか?

コミュニティ運営者が「顔を出しておらず、謎のベールに包まれた人物」だと信頼性に欠ける場合がありますし、そもそも実態が掴めないので参加する際には注意が必要です。

【顔出しせずにコミュニティ運営をしている人=悪】ではなく、その人柄が鮮明にわかった方が参加後のズレはないですし、主催者のビジョンやミッションにどれだけ共感できるかは大きなポイントです。

ここら辺は、情報発信コンサルの選び方の記事でも詳しく書いておりますので、合わせてご参照ください。

その2:参加メンバーはしっかり活動しているのか?【実績、アクティビティ】

主催者をまず見る事と同時並行に「参加メンバー」もしっかり見ておいてください!

コミュニティは「同じ理念や価値観を持ったメンバーの集まり」ですから、いわば、メンバーの雰囲気と合わない場合、大きなズレが生じます。

わかりやすく言うと、不良の集団にガリ勉が混じって和気藹々としているのは想像つかないでしょう。

コミュニティは、同じ価値観を持った人間同士で形成されていくので、上辺だけの情報だけ(このコミュニティに参加する事で得られる知識・情報や理想の未来)を選ぶのではなく、6ヶ月なら6ヶ月、1年なら1年とそのコミュニティ運営期間中、時間を共有していくことができるメンバーなのか?をしっかり見極めてください。

また、コミュニティの実績はメンバーの実績、アクティビティですから、しっかり目的を持って活動しているのかも大事です。

ただ参加しただけの生産性のないコミュニティだと意味がありませんから。

その3:コミュニティも見た目が9割!清潔感はあるか?

人は見た目が9割と言われるように、【コミュニティも見た目が9割】なので。清潔感に欠けるコミュニティは絶対に参加すべきではないです。

例えば、ビジネス系なら、ギラギラ感を出しているコミュニティは少なくありません。

そういうコミュニティのメンバーを見てみると案の定、頭の悪そうなビジネス偏差値2くらいのアホズラが並んでいますから。

ギラギラした集団に属したいなら話は別ですが、付き合う人で人生は変わるので、真っ当な人生を歩みたいのならおすすめはしません。

☝️自身が主催した情報発信ビジネスコミュニティの雰囲気を

僕が主催しているコミュニティの活動を載せておくので参考にしてみてください!

 

 

☝️まずは参加してみよう!

情報発信コミュニティに参加する際のポイントをお伝えしましたが、これは机上の空論でしかないので、まずは参加してみる事が一番です!

実際に参加して肌で感じた方がリアルにわかりますし、DMMのオンラインサロンなら数も豊富で月額数千円からでも参加できるの試しに参加してみるといいですよ!

最後までお読み頂きありがとうございました!

【未経験者・初心者向き】12000人以上が購読しているWEBビジネスをゼロから学ぶメルマガ

・働く時間も場所も自由なノマドワークの始め方!
・副業で月収入を5万〜10万プラスさせたい!
・育児のために在宅ワークをしたい!
・ブログビジネスで時間と場所に縛られない働き方をしたい!
・社会人3〜5年目、30歳手前で将来のビジョンを考えたい!
・全くアイデアがないけど「起業してみたい!」という!
・とにかく自分でビジネスができる初心者向けの方法が知りたい!





※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。


※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。