BLOG

ブログ

昨今、WEBサービスの発展に伴い、企業だけでなく、個人のネット起業ブームが起こっています。

「ネットを使ってビジネスをする」インターネットが普及し始めた頃にこのフレーズを聞けば、「ごく一部の才能ある人たちが成せること」だと捉えられてきました。

ですが、現在において周りを見渡せば、ネットとは縁もない名もなき個人がネットを使い自由にビジネスをしている事実。

未だに「ネットを使って個人がビジネスなどできるはずがない」「ネット起業なんて夢のまた夢」「地味に会社員をやった方がいい」などという、ネット起業に関する悲観的な声もあるのは事実です。

冒頭にお伝えしておきますが、こういう可能性に対して、悲観的な考えを持っているのならば、この記事は全くもって意味をなさないでしょうし、読むだけ時間の無駄になるので、ここでページを閉じて頂いて結構です。

今回お伝えする内容は、ネット起業という可能性が溢れ、個人が自由に生きるための1つのメソッドに関してお伝えして行きますので、「ネット起業に興味がある!」「なんかよくわからんけど社長になりたい!」「自分だけのビジネスを持ちたい」という方にとってみればお役立てできるかもしれません。

今回は、ネット起業に興味があるけど、どのようなステップで学んでいけばいいかわからない方に向けての「学び方」をお伝えして行きます!

この記事がこんな人におすすめです!・ネット起業をしてみたい!
・副業としてネット起業をしたい!
・将来は自分の会社やビジネスを持ちたい!
・会社を辞めて、独立したい!
・WEBマーケティングを学ぶきっかけが欲しい!

☝️ネット起業の闇と真実【前提】

まず、ネット起業であり、ネット起業のコンサルティングと聞いた時の第一印象がどうでしょうか?

ネット起業の印象は?・怪しい…
・胡散臭い…
・個人ができるはずがない
・天才のする仕事

ごく一般的に持たれているのが上記のような印象ですね。最悪ですね(笑)

まぁでもこのように捉えられるのが仕方ないと思っていますし、人の中にある払拭できないイメージをいくら肯定しようとしてももはや時間の無駄ですし、僕が発信する上で、「無理矢理イメージを変えさせる」ようなことはしません。

そこにかける時間がもったいないので、自分の中のイメージを変えれるのはその人自身だからです。

さて、こんな話をするのもネット起業には2パターンあります。

ざっくりいうと、「正攻法」と「胡散臭いやつ」です(笑)

つまり、ネット起業のこの胡散臭いやつがやたら目立つから、世間一般のイメージが悲観的になって行くのです。

もちろんながら、あなたがこれからネット起業をしようと誰のコンサルティング募集や講座を受ける時に、注意しなければいけないのが、「何を選ぶか」ではなく、「誰を選ぶか」で決まってきます。

もうここで言うまでもないですが、「楽して稼ぐ系」「初心者が一瞬で大金を得られる系」の商材やコンサルティングは全部この世に存在しない真っ赤な嘘なので絶対に購入しないで下さいね。

未だに上記のような、詐○師はめっちゃいますので、注意が必要ですね。

で、彼らの厄介なところがノウハウやビジネスモデル自体はしっかりしているのに「言い方次第で胡散臭いやつ」に変えてしまっているところです。

例えば、FXや株式投資はしっかりとしたビジネスであり、取り組まれている方も多いですよね。それは彼らのフィルターを通して発信される情報が「スマホ3クリックで100万」とか、お手軽即金系の超怪しいビジネスになる訳ですよ。

確かに、スマホでFX取引をする際、の作業量としては3クリックなのかもしれませんが、稼げるか稼げないかは別の話です。

そこを、表面上の作業だけにフォーカスして、楽して稼げると謳っているのだから呆れますよね。(苦笑)

同じFXコンサルティングをやっている人でも「まずは1000円稼ぎましょう」「地道にコツコツ積み重ねて行くのが正攻法です」と発信している方はまともですし、信頼があります。

実のところ、ノウハウやビジネスモデル自体で賛否を決めるのは不毛であり、誰の情報を受け取るかが、肝心なのです。

☝️ネット起業のコンサルティング講座募集は必要?不必要?

前項で、胡散臭い人がいるならコンサルティングを受けるのはやめようかな…と思われたかもしれませんが、「受けない理由はありません」

いくらネットを使って効率よくビジネスができるネット起業と行ってもしっかり、メディアの作り方やマーケティングなどの土台構築や仕組みを作って行かないとネット起業で軌道に乗ることはできませんから。

ですから、しっかりとしたメンターを見つけ、しっかりとしたコンサルティングを受けてステップアップするための講座募集の選び方を今回は、僕流で解説させていただきます。

これまでいくつものコンサルティング講座を受け、何人ものコンサルタントを見てきたので、そのような点に着目して、選んでいけばいいかは熟知していますので、参考にして頂ければと思います。

ネット起業|機能的価値は大前提!というか当たり前

ネット起業のコンサルティングの選び方の基準として、まず機能的価値は大前提に考えてください。

機能的価値って聞くとなんか難しいですが、その意味は非常にシンプルです。

機能的価値とは『あなたにとって役に立つ』ことです。

ネット起業で言うなら、「しっかりと稼ぐスキルを磨くための学びを得れるかどうか」も1つの判断材料ですね。

コンサルティング講座を選ぶ基準として機能的価値が大事なのは教わる人が私に価値を与えてくれるかどうかが需要だからです。

極端な話ですが…

・先月ネット起業を始めて実績はありませんが、コンサルします!

・自身で数十万稼ぎ、コンサル生にもその方法を教えています!

とあった時にあなたならどちらを選びますか?

どう考えても後者ですよね!

コンサルティングを受けるときは、この機能的価値が大前提になってきます。さすがにど素人からコンサルを受けることはないと思いますが、念のためお伝えしておきますね。

ネット起業|機能的価値よりも感情的価値が一番の判断材料!!

失敗しないコンサルの選び方として第一に【感情的価値】が高い人を選んだ方がいいです。

感情的価値とは、機能的価値と対となる言葉で

 

【その人(コンサルタント)を好きかどうか】ということです。

 

なぜコンサルを選ぶ際にこの感情的価値が大事かというと、好きでもない人の言うことは否定的に捉えてしまうからです。

あなたにも気が合う人・合わない人がいると思います。

その2人に『こうした方がいいよ』とアドバイスされたとします。

あなたは

気が合う人なら『アドバイスしてくれてありがとうございます!』と感謝できますが

気が合わない人なら『ダメ出しされた!なんか嫌な気分,,,』となるでしょう。

単純に気が合わない人にお金を払って教えてもらうのは精神的にきついですし、そう思ってしまうと教わることが億劫になり、成果が出るものも出ません。なのでコンサル受けるなら、その人は好きでなければいけません。

でも会ったこともないのに好きかどうかってどう判断するの?

 

確かに会ったこともないのに好きかどうかなんてわかりませんよね。

で、あなたにコンサル選ぶ際に覚えておいて欲しいことは、もし『この人気になる!』と思ったら、その人が公に出しているコンテンルの全てをチェックしましょう!

 

・ブログ記事

・YouTube動画

・メルマガ

など

 

これらのコンテンツを見て、率直にあなたが受け取る印象・イメージのままが感情的価値になります。

例えば、実績がすごくても動画で『なんか暗い…稼いでいなさそう』と思ってしまえば、第一印象がマイナススタートなので、そこから感情的価値をあげて行くのは難しいでしょう。

実際にYouTubeで解説動画を配信している人でめっちゃ暗い人はいますからね(笑)

僕も絶対にこの人から教わりたくないと直感で思ってしまいまいます。

 

ですので率直、あなたがコンサルを受けたいと思った人をどう感じるかで選ぶ基準にしていいです。

実際に僕もこれを1番の基準にしてきたので。

 

たまにYouTubeの動画でめっちゃ汚い部屋でヨレヨレの服を来ながら、「月収1000万稼ぐ…」という自己紹介をしている人がいるんですが、「いや!ウソだろ!」って速攻ツッコミましたね(笑)

いくら稼いでると言っても初見で「あ。無理。」と思ったら教わろうとは思わないですし、そこは完全に「好き嫌い」で判断していいと思います。

結局、稼いでいたとしても、自分の見せ方やブランディングに無頓着な方はサポートを疎かになるケースが多いので。

ネット起業|自己本体的価値も超大事!

最後に、自己本体的価値もしっかり感じる人を選んでください。

自己本体的価値とは、その人の実績や経歴など関係なく、「素直にが好き、憧れる」と思う感情的な価値です。

自己本体(その人本来の)に魅力を感じなければ、長くお付き合いしていくことが難しいので、ここは価値を感じなければいけない点ですね。

3つの価値が出て来たので、復習がてらにまとめておきますね。

 

機能的価値(その人の実績やクライアントの実績)

自分に役立つかどうかは、その人やクライアントの実績をみて決めていいです。

コンサルタントに実績があるのは当然ですし、その人のクライアントも実績が出ていれば、「自分もこうなることができる」とビジョンも想像しやすいので。

 

感情的価値(共感できるストーリーなど)

共感できるポイントやストーリーがある人とは親しみやすいので、ここは機能的価値よりも重視するポイントでしたね!

僕は好き・嫌いで誰に教わるかを選んでいいと思っているので、実績よりもここを重視する方がいいです。

 

自己本体的価値(憧れ、素直に好き)

最後に自己本体的価値ですね。

これは単純に、「この人みたいになりたい(=憧れ)」であったり、「なんかこの人好きだな」と言うように、シンプルに好きと思えるかどうかです。

あなたも経験があると思いますが、初対面の人とあって3秒で「好き・嫌い」となんとなく判断をつけることができると思います。

まさにこれと同じで直感で、好きかどうかということですね。

良くも悪くも人間の直感の判断って結構当たっていることが多いので、シンプルに自分の直感に委ねるのもありですね!

僕は結構この対応で、その人は実績ある程度あればいいし、それよりもその人に憧れを抱けるかどうか、好きかどうか、尊敬できるかどうかで選んでいます。

 

ネット起業|スクール(塾)より、個人に教わるのがいい?

個人でコンサル企画を少人数募集している方(僕なんかもそう)

法人としてネット起業スクールを経営して募集している方々

 

と2通りありますが、個人的な印象ですが、個人でコンサル企画を募集している人の方が初心者にはいいのかなと思います。

僕、自身を推す訳ではありませんが、大人数を募集するスクールなどはサポートが手薄とよく聞きます。

 

つまり募集する際の広告塔としてめっちゃ実績がある方を立てて『この人教われるなんてすごい!』ってなりますけど、実際に全てのサポートをその方がするわけでなく、基本的にはノウハウ提供がメインになっています。

サポートは他の講師だったり、名前は言いませんが、サポートの返答内容も曖昧で何も解決しないと言う声もあります。

ひどいところではカスタマーセンターみたいなのを設けて、マニュアル通りの返答しかしないという粗悪な塾もあるみたいです。

一方、個人でコンサル企画を少人数で募集されている方は全てその方がサポート行うので1対1でコンサルが受けれるというメリットがあります。

もし間違ったやり方を実践していれば、すぐに軌道修正してもらえるので常に正しいルートで進んでいけます。

 

コミュニケーションを交わす時間も多いので、『好き』でなければきついです。

この点で、感情的価値は大事になってきますね。

一概にスクールがダメ、個人がいいという訳ではありませんが、ただ『すごそう』という曖昧な条件で選ぶのではなく、その人を知って、好きかどうかではず判断してください。

ネット起業のコンサルティング講座募集はこう選ぶ!

年々、ネット起業のコンサル講座を募集する人も増えてますが、上記でもお伝えしたように「その人の実績だけ」で判断するは危険です。

結局、正しいやり方を実践して、継続すれば成果が出るスピードは違えど、誰でも結果は出ます。

つまりこの【正しいやり方】というのは教える側(コンサルを募集する側)はすでに持っているので、そこで比べるよりも、【誰に教わりたいか】を基準にする方がいいです。

先ほども説明したように感情的な価値(共感できる部分)をその人に見出せるかどうか、です。

コンサルを受けるということは、1日2日で終わりということではなく、数ヶ月間共に歩むことになるので、その人自身に共感できなければ、やはり一緒に頑張って行くのは難しいからです。

僕も、実績はすごくても「なんか合わないな…」と思う人からはコンサルを受けようとは思わないですし、それならば、実績は人並みだけど、「この人の世界観(ブランディング)好きだな」「コンテンツやサイトのデザインに惹かれるな」と思う人と時間を共有したいと思います。

ネット起業コンサルティング募集の選び方の鉄則

先ほども少しお伝えしましたが、僕が全くの未経験の初心者の時にどのような基準で、コンサル募集を選んできたかというと、実績があるのはもちろんですが、「この人とプライベートの時間も共有したいと思えるかどうか」です。

コンサルとだけ聞くとビジネス面の要素が強いので、「教える側」「教わる側」ときっぱり分かれてしまいますが、そこで人を判断するのではなく、「この人とビジネス以外で食事に行ったり、遊びに行ったりしたら楽しいかどうか」が大事。

コンサルは人と人の付き合いなので、根本的に「ビジネスだけの付き合い」だとあとできつくなってきます。

だから、ビジネスではもちろんに頼りになるんだけど、単純に人として、一緒にして楽しいかどうかを基準で選ぶのがすごく大事なんじゃないかと思います。

ネット起業コンサルティング募集の選び方②-同郷は共感する?-

僕流のコンサル募集の選び方の鉄則その②として、「同郷」というものがあります。

僕は大阪出身で、今も大阪に住んでいますが、クライアントさんは不思議と大阪にお住いの方が多いです。これは不思議なことで、同郷の方が多く集まる傾向があります。(知り合いのクライアントさんも同じ)

同じ土地の出身だと、共感できるポイントだったり、なんか安心感というものがあるのでしょうか、同郷の方が多く集まってくださいます。

この前は、クライアントさんが僕の実家の近くにお住いということを知ったり、高校の最寄駅の近くにお住いの方も入るくらい!笑

めっちゃ地元トークで盛り上がりました(笑)

僕としても親近感が出ますし、相手側も身内感だったり、親しみやすさは少なからず感じてくださっているのかな?と感じます。

ですので、あなたもコンサルを選ぶポイントの1つにメンターが同郷というのは大きなポイントになるのではないでしょうか?

 ネット起業コンサルティング募集の選び方③-クライアントの実績と声は必ず見る-

3番目に「誰のコンサルを受けるか」と決める際に、クライアントの実績と声は必ず見るようにしましょう!

本当によくあるのですが、積極的にコンサル募集しているのに、「その人から教わって実績を出した人の声がない」パターン(笑)

普通、コンサルタントとして、実績が出たクライアントの声や感想を頂くのは超重要ですし、その第三者的な基準があるからこそ、「この人に教わってみたい!」となる訳です。

ある意味、コンサルタントの実績よりもクライアントの実績の方が大事なので、そんなことはコンサルタントであるならば誰でもわかっていることです、

それなのに、クラアントの声がないということは….そういうことなのです。

こういうコンサルは危険・コンサル募集は積極的なのにクライアントの声がない
・他のコンサルタントを名指しで批判している
・「この商材は詐欺だ!」という商品レビューをして自分の商材をすすめる

 ネット起業コンサルティング募集の選び方④-批判する人、詐欺商品レビューコレクターは選ばない

上記の、こういうコンサルは危険という項目でもチラッと書きましたが、コンサルの選び方として、「他のコンサルタントを名指しで批判している人」「この商材は詐欺だ!という商品レビューをして自分の商材をすすめる人」は選ばないことです。

ちょっと考えればわかることですが、他人を下げなければ、自分の優位性を示せないということです。

つまり、自分にスキルが経験がないから、他人ばかりを批判して、「あいつはだめだ、俺にしろ!」と言っていると同じことです。

他人の悪口ばかりを言っている人に教わりたいかどうかということですが、絶対にイヤですよね。

僕が教わった方は、「この方の商品はすごくいいからおすすめですよ!」と逆に勧めて頂いたり、クライアントの利益になることはどんどん与えてくれる方でした。

しっかりとしたスキルや自身がある人は他人のビジネスも勧めますし、それは自分の利益ではなく、常にクライアントの利益を考えているからです。

マイナスを発信する人なのか、プラスを発信する人なのかここの違いは大きいので、必ずチェックしておきましょう!

 さいごに

今回はネット起業のコンサルティング講座募集の選び方についてお伝えしてきましたが、正直ネット業界でなくとも、光と闇は存在します。

どちらを選ぶかは自分自身なので、しっかりと「本質」を見抜けるようにしておかないと、大事な時に、判断を謝ってしまうことがあるので、しっかりと選ぶための基準は持っておきましょう!

それでは今回も最後までお読み頂きありがとうございました!

【未経験者・初心者向き】12000人以上が購読しているWEBビジネスをゼロから学ぶメルマガ

・働く時間も場所も自由なノマドワークの始め方!
・副業で月収入を5万〜10万プラスさせたい!
・育児のために在宅ワークをしたい!
・ブログビジネスで時間と場所に縛られない働き方をしたい!
・社会人3〜5年目、30歳手前で将来のビジョンを考えたい!
・全くアイデアがないけど「起業してみたい!」という!
・とにかく自分でビジネスができる初心者向けの方法が知りたい!





※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。


※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。