BLOG

ブログ

背水の陣で起業|会社を辞めて独立するタイミングと知っておくべき3つ条件

昨今、会社員の方の独立起業ブームとあって、起業セミナーや起業塾なども目立ってきております。

「個人が自由にビジネスをやりやすい環境」になっているのは事実で、学生起業、主婦起業も当たり前になっていくでしょう。

起業することが当たり前とは言いませんが、会社員のまま一生を終える人生より、「自分の手でビジネスをクリエイトしていきたい」と考える人たちが増えて来ていることは事実なのです。

できるかできないは別として、縛られる人生より、自由を謳歌したいと思うのはごく自然なことで、その一環として「独立・起業」が位置しているのだと僕は考えています。

ですが、「よし!起業すっか!」とただの勢いだけで突っ走っても上手くは行かないですし、自分を追い込んで成果を出す、背水の陣も見方を変えれば、紙一重の諸刃の剣と化すでしょう。

今回は、これから起業したい方に向けてただ単純な背水の陣の勢いだけで行う前に、知っておくべきタイミングと条件についてお伝えできればと思います。

この記事はこんな方におすすめ!・これから独立・起業を考えている方!
・今すぐにでも会社を辞めて起業してやろうという方!
・会社を辞めることに一歩踏み出せない方
・独立起業のタイミングをしっかり知っておきたい方

☝️計画性のない「背水の陣起業」はやめなさい!

「自分を追い込んだらどうにかなる!」という背水の陣で物事を進める方は多いですが、しっかり結果が出る人とでない人に分かれます。

いい方向に力が働けば、背水の陣は最強の武器と化しますが、見誤ってしまえばそれは、破壊を促進する悪魔の囁きでしかないということです。

「背水の陣で行けばどうにかなる….背水の陣で行けば…」

受け取り方、行動の仕方によって天国と地獄の真っ二つに分かれてしまうのしっかりと「背水の陣」の受け取り方を覚えておかなければ行けないのです。

「将来、俺はビッグになる!こんな会社なんか辞めて起業する」

こんなことを行ってどれだけの人が無残にも散って行ったでしょうか。

そもそも今の会社にも感謝できないような人間がビジネスを起こすなど無理な話です。

起業における背水の陣とは、しっかり計画性を立てて、突き進んでいくための原動力起爆剤だということです。

何も計画を立てずにたた突っ走っていくだけではただの無能なバカだということなのです。

☝️背水の陣で起業|会社を辞めて独立するタイミングと知っておくべき3つ条件

背水の陣で起業する前に是非ともあなたに知っておいて頂きたいタイミングと3つの条件がありますのでそれを知った上で行動されてみてください。

(「あくまであなたが会社員であり、これから会社を辞めて起業する時のタイミング・条件」になります)

会社を辞めて起業するなら半年・1年食いつなげる貯金はあるか?

まずなんと言っても最低限の生活環境は整えて行かなければ行けないので、お金の面はしっかりと考えて行かなければ行けません。

起業初月からしっかりとした収益が出るとは限らないですし、仮にそのように考えているならば考えが甘すぎます。

僕も会社員を辞めて起業しましたが、すぐに収益が出るなんて思っていなかったですし、半年〜1年は収益0円の覚悟で臨んでいましたから、まず前提としてそれくらい生活できる貯金はあった方がいいでしょう。

これは起業する職種によって変わってきますし、このWEB業界で起業しようと思った時に、会社を辞めて半年後に月100万達成できる見込みが立っていた(計画性)ので、半年〜1年生活できる貯金があればいけると思いました。

なので、自分自身が起業した時にそれだけで生活できる収益をどの地点で生み出せるかをまず設定することが大事になってきますね。

しっかりと収益が見込めるシミュレーションができているか?

「しっかりと収益が見込めるシミュレーションができているか?」これは一番大事かもしれませんね。

ここを見逃してただ闇雲に背水の陣スタイルでいくとアウトです(笑)

ここがある程度見えていれば、あとはガンガン突き進むだけなので、背水の陣は効果が大なので、しっかりとした計画が立てればいならやめた方がいいでしょう。

どれくらいでどのくらいの収益が出るのか全くわからないのならば、しっかりと起業サポートを受けられる環境に身を置き、助言をもらうべきです。

独学でやるほど効率の悪いものはなく、ほぼ確実にうまく行かないので、ベースは整えておきましょう。

起業する業種でモデリングできる成功パターンが最低3つあるか?

自分が起業していく業種で最低でも3つはモデリングできる成功パターンがあるのか?も大事です。

そもそも起業とは自分勝手な趣味の延長戦上では全く成り立たないですし、ごっこ遊び感覚でやるのは危険すぎるからです。自分と相手(顧客)がいて、自分の商品・サービスに対して、顧客がお金を出してまで欲しいと思うかがビジネスが成り立つ最低限の条件です。

趣味を仕事に、好きなことで生きていくとちょっと前に流行り、起業ブームの火付け役となった言葉たちがありますが、僕からしたら、「いやいやそんな甘くないから」という印象です。

それは個人の能力であったり、経験という高次元のものではなく、全く未開拓の業種の場合、ただ自分がやりたいからだけではうまく行かないよ?という意味です。

ですから、自分が起業したい業種で成功している人や企業が最低3つは存在していないと、うまくいく保証がありません。

よく、ライバル不在のブルーオーシャンジャンルを狙って行けば一人勝ちできますよという方がいますが、そもそもブルーオーシャンなんてそう簡単に存在しませんし、ほとんどが、「参入しても利益が見込めないジャンルだからみんな手を出さない」というのが事実です。

ですから起業の成功率をあげたいのならば、すでに数人ライバルがいて成功しているパターンをモデリングできるものがいいです。

背水の陣で起業はタイミングと条件でGO!!

今回は、会社を辞めて背水の陣で起業・独立するタイミングと知っておくべき3つ条件ということでお送りしてきましたが、なんどもお伝えしているように、「背水の陣」は最高にも最悪にもなりその分かれ道は、タイミングと条件をしっかりわかっているかです。

今回お伝えした会社を辞めて起業する3つの条件のうちもっとも大事なことは「計画性」です。

歩い程度の道筋が立ってそこから逆算して明確な階段を作ることができなければそれば闇雲に突っ走ることになるので危険です。ですから資金面も大事ですが、あなたが起業して最低限の収益を得るためのルートをはっきり見える化してあげることを最優先においてください。

そこが定まれば、コツコツ積み上げていくのも、背水の陣でオラオラやっていくのも良いでしょう。あなたの性格やライフスタイルに沿ってやって行ってください。

それでは今回は以上になります最後までお読み頂きありがとうございました。

♦︎コチラの記事も要チェック♦︎

 

【未経験者・初心者向き】12000人以上が購読しているWEBビジネスをゼロから学ぶメルマガ

・働く時間も場所も自由なノマドワークの始め方!
・副業で月収入を5万〜10万プラスさせたい!
・育児のために在宅ワークをしたい!
・ブログビジネスで時間と場所に縛られない働き方をしたい!
・社会人3〜5年目、30歳手前で将来のビジョンを考えたい!
・全くアイデアがないけど「起業してみたい!」という!
・とにかく自分でビジネスができる初心者向けの方法が知りたい!





※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。


※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。