BLOG

ブログ

【速報記事】タイトルライティング光速スキルアップ戦略!

今回は速報記事版のタイトルライティングのコツということで、考え方として、未来予測も速報もタイトルライティングは同じですが、若干異なる部分があるので、それをお伝えして行きますね!

関連記事:タイトルライティングの基礎を徹底解説!

※動画の要点だけをまとめているので、必ず動画も合わせてご覧になってください。

【速報記事版】タイトルライティング光速スキルアップ戦略!

速報記事と未来予測記事のタイトルライティングの大きな違いは、速報の場合はその場で「パッ」っとアクセスを狙うキーワードを考えて、タイトルライティングしていく必要があります。

なぜなら、未来予測と違って、過去のデータからキーワードを選ぶことはできず、ニュースが出た瞬間に速攻タイトルライティングをしていかねればいけないからです。

と言っても、速報ネタもある程度、ジャンルごとにテンプレート化しておけばすぐに引き出すことができるので、最低限のことはやっておきましょう!

速報記事で狙うキーワードとは?

速報記事のタイトルライティングで狙っていくべきポイントは…
速報ニュースの場合、「速報」なので明確な情報は少なく、曖昧な場合が多いので、ニュース内で隠れている部分のキーワードです。

下記をご覧ください。

これは安室奈美恵さんが引退すると発表したニュースですが、この速報が出た時に、【引退理由】が明記されていませんでした。

つまり、このニュースを見たユーザーは次に「引退理由」を検索することは明らかなので、この部分をタイトルキーワードとして入れて行くということです。

(やってはいけないのが、「安室奈美恵が引退!」というように事実の焼き回しにしてしまうこと)

 

速報記事でアクセスが爆発する流れをまとめると下記のようになります。

意外性なニュースは爆発する!

いい速報ニュースの見方として、「意外性」や「突発的」なニュースは非常に影響力があるので、アクセスが爆発しやすいです。

今回の例の「安室奈美恵さんの引退」も意外性がありますよね。

速報ニュースならなんでもアクセスが来る訳ではないので、「なぜアクセスが来るのか」→世間が気になるから→どんなニュースが気になるのか?

の流れをしっかりと考えて、速報記事のタイトルライティングを行って行きましょう!!

【未経験者・初心者向き】12000人以上が購読しているWEBビジネスをゼロから学ぶメルマガ

・働く時間も場所も自由なノマドワークの始め方!
・副業で月収入を5万〜10万プラスさせたい!
・育児のために在宅ワークをしたい!
・ブログビジネスで時間と場所に縛られない働き方をしたい!
・社会人3〜5年目、30歳手前で将来のビジョンを考えたい!
・全くアイデアがないけど「起業してみたい!」という!
・とにかく自分でビジネスができる初心者向けの方法が知りたい!





※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。


※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。