BLOG

ブログ

3つのネタの寿命を見極めて的確な記事を書こう!

今回は、3つのネタの寿命を見極めて的確な記事を書こう!ということで、「ネタの寿命=どれくらいの期間アクセスがくるか」をしっかり見極めて書かないと、寿命が短いものを延々と書いていけば、自転車操業になってしまうので、注意が必要です!

おいしい事は言わない...2021年以降の市場のリアルを伝えるメルマガ



※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

記事ネタの寿命

当然ですが、記事にはアクセスがくる期間があります。

短期的にくるもの、中期的にくるもの、長期的にくるものと様々です。そして、これをしっかり理解ておかないと痛い目に合うので注意が必要です。

僕の失敗例をお話すると

12月のイベント記事をたくさん書いて、アクセスも来ていたのですが、1月の記事は全く書いていなかったので、年を越したら急激にアクセスが落ちた経験があります(笑)

当たり前ですが、12月のイベント記事は12月までなので、1月には検索需要は格段に減ります。

ですから、しっかりとこのネタはどれくらいの期間検索されるのか?を把握しておく必要があるのです。

3つのレンジから寿命を考えよう!

基本的には記事ネタの寿命は3つに分類され、

♢ショートレンジ→数日から1週間くらい(速報が多い)
♢ミドルレンジ→1ヶ月から半年
♢ロングレンジ→半年〜年中

になります。

つまり、ショートばかり書いていたら、作業量は減らずずっと書き続けなければいけない状況になるので、ミドルやロングを書いていくことで、一定期間は自動でアクセスが集まる仕組みを作ることができます。

 

ショートレンジの例

ショートレンジの例でいうなら、速報系が多く、「芸能人のスキャンダルや結婚」なんてまさにそうですよね。

短期的にはすごく話題になるけど、1週間、2週間と長く続くものではありません。

爆発力はあってアクセスもドカンと来ますが、数日で終わるので、安定はしません。ですから、ミドル・ロング中心に書いて、いい速報があれば書く!というスタイルがベストです!

ミドルレンジの例

ミドルは中期的にアクセスが集まるものなので、例えば、「ドラマ」「限定商品」「イベント」などですね。

これらは数ヶ月の期間中はアクセスが見込めるので、ドラマなんかは3ヶ月の放送期間はアクセスを集め続けることができます。

ロングレンジの例

ロングは長期間アクセスを集めることができるので、言ってしまえばトレンドに左右されないネタです。

(トレンドがあって長期間アクセスがくるものはなおさらGoodです)

例えば、著名人ならその方が活躍しているうちは検索され続けますし、ロングになりますよね!

 

このように自分が書く記事ネタがどれくらいアクセスを集めることができるのかしっかりと見定めておきましょう!

2021年以降始める初心者に向けた“市場の真実”を伝えるメルマガ

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。

※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。 ※ワンクリックでいつでも解除可能です。 ※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。