iMovieで画像スクロール(上下)をする方法を解説!

 

今回はiMovieで画像をスクロールする方法を解説していきます。

YouTubeなどに動画投稿している方は、スクロール効果は重要になってきますので、よかったら参考にしてみてください!

 

スクロールって?

 

スクロール効果とは画像を上⇒下、下⇒上に動かす効果のことです。

テキストだとテキストロールと言ったりします。

よく映画などのエンディングでキャスト名などが下から上にあがってくるあれです。

 

今回はテキストではなく、画像ごと上下にスクロールするやり方をご紹介します。

 

iMovieを開き、スクロールしたい画像を選択します。

スクリーンショット 2016-03-14 14.52.01

 

選択する場所はパレットのアイコンの横にある定規が2つ重なったようなアイコンです。

それをクリックし、次は『Ken Burns』を選択しましょう。

この『Ken Burns』がiMovieのスクロール効果になります。

 

開始と終了という枠が出ると思うのですが、これは開始⇒終了、つまり画像の流れる方向を示しています。

上の画像で言うなら、上から下に流れる感じですね。

 

では枠はなに?

 

となるのですが、この枠で画像の部分をキャプチャすることができます。

つまりスクロールしたい場所を細かくしていできるのです。

 

例では青色の部分いっぱいに範囲選択していますが、『サンプル』とう文字を画面いっぱいに表示したいのであれば、枠をサンプルに合わせるだけです。

 

文章では伝わりにくい部分もあるので、動画を参照していただければと思います。

 

iMovieの画像スクロールは動画効果欄にないので『え。できないの?』と思われた方もいらっしゃると思いますが、『Ken Burns』という箇所で可能になります。

副業から月収10万円以上を安定的に稼ぐ力を身につける無料メルマガ講座

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-16-37-15

一緒にビジネスや遊びを全力でシェアしよう!お気軽に申請どうぞ!

スクリーンショット 2016-08-17 0.43.46

コメントを残す

自己紹介・挨拶がないコメントに関しては返答を控えさせて頂きます。
サブコンテンツ

一緒にビジネスや遊びを全力でシェアしよう!お気軽に申請どうぞ!

スクリーンショット 2016-08-17 0.43.46

キラの公式LINE@

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-7-40-42

このページの先頭へ