YouTubeは1再生で何円?広告単価の収益が減少する原因を解明

スクリーンショット 2016-03-04 8.09.13

 

YouTubeアフィリエイトを実践している方も増えてきている一方で、もうYouTubeでは稼げないと言われていますよね。

その原因は主に規約が厳しくなったのと、1再生あたりの広告単価の減少だと言われています。

今回は『1再生あたりの広告単価は何円なのか』また広告単価が減少する原因をまとめてみました!

 

1再生あたりの広告単価はいくら?

 

2〜3年前は1再生あたり0.1円と言われていましたが、実際今はそこまで高くありません。

僕が本格的にYouTubeアフィリエイトを実践した2014年末〜今までで最高で1再生、0.07円でした。

0.7円もずっと続く事はないですし、0.05円や0.06円、さらに悪いときは0.02円もありました。

 

この数字だけみるとわかりにくいかもしれませんが、単純に計算すると…

 

1000再生で100円の収益だったのが、今では50円〜70円

10000再生で1000円の収益だったのが、500円〜700円

 

と再生回数が伸びれば伸びる程、広告単価の減少が顕著に表れます。

 

なぜ最近は広告単価の減少が進んでいるかというと

 

YouTubeでアフィリエイトする人が増えたのが原因でもあります。

 

YouTubeアフィリエイトをする人が増えても広告を出したい企業が増えなければ、広告が多く出稿されませんから、既存の広告単価をアフィリエイターで分け合っている状態です。

つまりアフィリエイターと広告出稿企業が比例して増えていかない限り、広告単価は減少していく一方です。

これはアドセンスアフィリエイトでも同じことが言えます。

 

なので、アフィリエイターの立場から広告単価を操作することは不可能ですし、現状の単価でどのように稼いでいくか考えることが重要になってきます。

 

年末と決算期はバブル

 

よく言われるのが年末と3月の決算期は広告単価が上がりやすい傾向にあります。

これは企業が普段よりも多く広告を出稿するので、動画内で流れる広告の数が圧倒的に増えているのも事実です。

 

年末はボーナスが出ますし、決算期が少しでも利益を拡大したい企業の視点から、広告をバンバン出しまくって、商品・サービスを売り込みたいので自然と広告数は増えます。

ですが、その次の月は逆に先月いっぱい広告費を使ったから出稿数を減らします。

 

ゆえに1月と4月は広告単価が一気に減少します。

(僕も4月はずっと0.02円とか続きました)

 

平均として単価は減少傾向にありますが、バブルでの単価アップは確実なので、稼げなくなっているわけではありません。

今のYouTubeで稼ぐコツは規約にひっかかりそうなグレーの動画を控えて、以前よりも多く投稿することが鉄則になってくるでしょう。

 

僕の無料メールマガジンの2通目でこれからYouTubeアフィリエイトを始める方に向けた『スターターキット』を無料プレゼントしていますので、是非受け取ってみてください!

「2通目かよ!!」と思われたかもしれませんが、1通目はネットビジネスの知識とノウハウを網羅した攻略本をお渡ししています(もちろん永久無料です)

⇒メルマガに無料登録してプレゼントを受け取る!

 

⇒YouTube攻略ページへ戻る

副業から月収10万円以上を安定的に稼ぐ力を身につける無料メルマガ講座

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-16-37-15

一緒にビジネスや遊びを全力でシェアしよう!お気軽に申請どうぞ!

スクリーンショット 2016-08-17 0.43.46

コメントを残す

自己紹介・挨拶がないコメントに関しては返答を控えさせて頂きます。
サブコンテンツ

一緒にビジネスや遊びを全力でシェアしよう!お気軽に申請どうぞ!

スクリーンショット 2016-08-17 0.43.46

キラの公式LINE@

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-7-40-42

このページの先頭へ