[閲覧注意]アドセンスのクリック率(CTR)上げる広告配置を公開

スクリーンショット 2016-02-04 17.10.54

 

アドセンスアフィリエイトで稼ぐ為にはアクセスが必須ですよね!

アクセスがなかったら当然、広告もクリックされないわけですから稼ぐことはできません。

しかし、アクセスがあってもクリック率(CTR)が低ければこれまた大きな収益にはならないのです。

今回は裏ワザってことでもないですけど、クリック率が上がる広告配置を公開します。

ですがこのやり方はちょっとグレーゾーンなので自己責任でお願いしますね。

 

ブラックハット手法を利用する

ブラックハットって聞くと『ブラックハットSEO』という手法があります。

これは完全にブラックなので、やめておいてください。

どういうことかというと、自分のサイト同士で相互リンクを送ったり、被リンクをしたりして互いの外部SEO対策をするやり方です。

ですがこれは見つかればGoogleからペナルティを受けてしまい、最悪の場合…全サイト圏外行きです

ですのでこれは絶対にやらないでください。

 

で、今回はこのブラックハット手法のやり方なんですが、ブラックハットSEOよりは安全です。

なぜならまだこのやり方でペナルティがあった事例はないからです。

ですが何度も言うように完全にグレーゾーンなので自己責任でお願いします。

 

まず一般的にクリック率が上がる広告配置というのは

記事上・記事中・記事下です。

僕の全サイトもこの広告配置ですし、CTRは平均で1.2%はあります。

 

今回紹介するやり方もこの配置なのですが記事上の位置を少し変えます。

 

普段なら以下のようになっているかと思います。

スクリーンショット 2016-02-04 19.07.26

 

スマホで見た場合、こんな感じでしょう。

本文が少し始まってその下に広告がある配置ですね。

しかし、これだとクリック率は下がってしまうんです。

 

ご覧の通り、広告が見切れて半分しか表示されていませんので、訪問者には100%広告が見えていない状態です。しかもスクロールされたら広告は消え、本文が始まってしまいます。

ですので、記事上の広告位置を以下のようにします。

 

スクリーンショット 2016-02-04 17.14.43

 

タイトル直下に記事上広告を配置します。

ですがこれには賛否両論があって、コンテンツを押し下げるような広告配置は禁止されていますし、ペナルティの対象になっていまうのでやる人は少ないと思います。

ですが、サイト全体がコンテンツと考えれば、ヘッダーとタイトルもコンテンツの一部になります。

よって、規約違反にはならないのです。

ヘッダーの上に広告があったら100%アウトです。)

 

で、なぜこの広告配置にしたか?

サイト訪問者の7割以上がスマホユーザーだからです。

先ほどもちらっといいましたが、スマホで記事を見るときどうしますか?

スクロールしますよね。

 

要は記事を見て真ん中に広告が表示されれば、当然スクロール時に広告に触れる面積が多くなります。

つまりスクロールと同時にクリックしてもらいやすくなるというわけなんですね。

この点がブラックハットなんです(笑)

 

Googleが誤クリックと判断するかもしれないですし、いつ規約違反になるかもしれません。

ちなみに僕はこの広告配置で約1年間くらい試しましたが、なんのペナルティもなく収益も発生していました。

 

ちなみ僕はこの配置前と配置後でクリック率の平均を計算したら『0.3~0.5』くらい変わりました。

これはかなり大きいですし、もろ報酬に反映されます。

 

なんども言いますが、やるのでしたら自己責任でお願いします(笑)

 

トレンドアフィリエイト攻略まとめページに戻る

副業から月収10万円以上を安定的に稼ぐ力を身につける無料メルマガ講座

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-16-37-15

一緒にビジネスや遊びを全力でシェアしよう!お気軽に申請どうぞ!

スクリーンショット 2016-08-17 0.43.46

コメントを残す

自己紹介・挨拶がないコメントに関しては返答を控えさせて頂きます。
サブコンテンツ

一緒にビジネスや遊びを全力でシェアしよう!お気軽に申請どうぞ!

スクリーンショット 2016-08-17 0.43.46

キラの公式LINE@

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-7-40-42

このページの先頭へ